ピックアップ

【中日新聞】「大判焼き」名称問題を深掘り レアな呼び名や派生品も

饅頭
1: 痛いニュースフラッシュ 2022/08/21(日) 10:29:41.28 9

「大判焼き」名称問題を深掘り レアな呼び名や派生品も
2022年8月14日 05時05分 (8月14日 05時05分更新)

「大判焼き」、「回転焼き」、「今川焼き」-。
前に朝ドラで話題になったあんこが入ったあの「お菓子」は、さまざまに呼ばれています。
その地域で有名な店の商品名で呼ばれることもしばしば。
今回はそのお菓子を主にどう呼ぶか、インターネットの読者アンケート「中日ボイス」で聞きました。

「大判焼き」と回答した人が、愛知県を中心に77%と圧倒的な結果に。
「今川焼き」は12%、「回転焼き」は3%でした。
特徴的なのは、「回転焼き」を上回る8%の人が「その他」を選んでいたことです。「御座候(ござそうろう)」、「天輪焼き」のほか、
「太鼓焼き」や「文ちゃん焼き」、「満月焼」など、地域でなじみがあったり、思い出深かったりする名前がありました。

そもそも最初はどう呼ばれていたのでしょうか? その答えは「今川焼き」。
江戸時代にあたる1777年の「富貴地座位(ふきじざい)」という資料からは、東京で「那須屋彌平」という店が「今川やき」を売っていたことが分かります。

ちなみに「今川」は橋の名前に由来。現在の東京都千代田区にあった、「今川橋」という橋の近くで売り出されたことから名づけられたそうです。

地域ごとに名前があるあのお菓子。
物は同じでも、その中にはそれぞれの地域の文化や歴史が、あんこと一緒につまっています。地域で長く愛されている様子が、そのたくさんの名前に表れていました。 (松浦花佳)

以下ソース
https://www.chunichi.co.jp/article/517061

引用元: https://egg.5ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1661045381/

2: 痛いニュースフラッシュ 2022/08/21(日) 10:33:20.13 0
ワクチンを打ってから乱数をコントロール出来ないんだ
mRNA
これは,いったい何なんだ?

 

3: 痛いニュースフラッシュ 2022/08/21(日) 10:36:04.73 0
ワクチンを打ってから乱数をコントロール出来ないんだ
mRNA
これはいったい、何なんだ?

 

-ピックアップ
-, ,

© 2022 痛いニュースフラッシュ Powered by AFFINGER5