悲報

【悲報】あのカレーの大事な材料が値段高騰 福岡のカレー店も困惑

★記事によると

1: 痛いニュースフラッシュ 2021/11/04(木) 21:09:03.33 ID:CAP_USER

次は、食卓に欠かせないジャガイモの価格が上がっています。カルビーが来年1月からのポテトチップスの値上げを発表するなど影響が広がっています。何が起きているのでしょうか?

私たちはきょう午後、福岡市城南区のカレー専門店を訪ねました。

「こちらのカレー屋では、このごろっと入ったジャガイモが

売りの一つだということです」

このジャガイモをめぐって今、困ったことが―。

カレー屋 辛樹 川崎新吉さん

「うちは野菜をそのままごろっという形で入れるので、野菜の高騰はすぐに(影響が)出てくる。仕入れが価格に」

仕入れ値が高騰しているのです。こちらのカレー専門店では1週間に10キロのジャガイモを仕入れていていますが、2か月前と比べて、仕入れ値がおよそ1.5倍になっているといいます。

カレー屋 辛樹 川崎新吉さん

「普通のお店では、(ジャガイモの)量を減らしたりできるがうちの場合はそのまま出すので、しばらくは厳しい経営になるかな」

「高値が今後もずっと続いていけば何かしら考えないといけない」

なぜ、ジャガイモが高値になっているのでしょうか。

福岡大同青果 野菜2部部長 小川太郎さん

「いまの馬鈴薯(ジャガイモ)はほとんど北海道産。ことしは夏場の干ばつ、異常高温の影響で生産量自体が少ない。この値段が続くのは異例」

今の時期、主に流通するジャガイモは北海道産ですが、この夏、北海道を襲った記録的な猛暑や雨が少なかった影響でうまく育たず、出荷が減っているのです。

福岡大同青果によりますと、ジャガイモの市場価格は先月下旬の時点で、平年と比べて40%上がっているということです。

その影響は、カルビーの「ポテトチップス」にも―。

定番のうすしお味を含む17種類で、来年1月から順次、

1割ほどの値上げに踏み切ります。北海道にある契約農場でジャガイモの収穫量が減る見通しとなったことや、物流コストの上昇などが値上げの理由だとしています。さらに、「じゃがりこ」などの一部商品は、量を減らして価格は据え置くということです。

安さで知られる福岡市中央区の青果店では―。

かいぶつくん 薬院店 篠原加代子店長

「2個で100円で売っているが、通常だとザル盛りができる量が入る時期なので」

1袋100円という販売価格はそのままにしていますが、1袋あたりの個数を4つから2つに減らしていました。きょう店で仕入れた量も例年の半分以下だということです。

買い物客

「よく使う食材だからこそ前まで安かったのに少し買いづらい。ポテサラなど食べたいが違う物に変わったり」

「メインだからジャガイモが他の野菜で代用できるものは他で代用しますけど」

私たちの食卓に大きな影響を与えるジャガイモの価格高騰。鹿児島産が収穫を迎える春までは高値が続くとみられています。

http://www.fbs.co.jp/news/news9627oytnmlomdkd3tk.html

★引用元
https://pug.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1636027743/

2: 痛いニュースフラッシュ 2021/11/04(木) 21:13:55.41 ID:PxzcWad1
カレーにじゃがいもは要らね

 

4: 痛いニュースフラッシュ 2021/11/04(木) 21:16:21.89 ID:nn40vi8E

>>2
先を越された

カレーにはたまねぎとトマトだけでいい

 

3: 痛いニュースフラッシュ 2021/11/04(木) 21:15:55.07 ID:qi/8f8nu
じゃがいもがないならコロッケ食べればいいのに

 

5: 痛いニュースフラッシュ 2021/11/04(木) 21:20:02.38 ID:lC74BtET
サツマイモは海外からの疫病で在来品種は絶種寸前
滅茶苦茶やね

 

6: 痛いニュースフラッシュ 2021/11/04(木) 21:22:54.34 ID:5wzKrYj1
一次産業も不景気な話しかないな

 

-悲報
-, ,

© 2021 痛いニュースフラッシュ Powered by AFFINGER5