悲報

【悲報】ボストン・バレエ団の元バレリーナと夫、若いダンサーへの性的虐待で起訴

★記事によると

1: 痛いニュースフラッシュ 2021/09/30(木) 15:09:09.94 ID:OP1YeETj9

https://www.cnn.co.jp/showbiz/35177340.html
2021.09.30 Thu posted at 14:24 JST

https://www.cnn.co.jp/storage/2021/09/30/a54caf805742c485964cbcbf8a9e512c/t/768/432/d/dusty-button-2013-super-169.jpg
ボストン・バレエ団で活躍したダスティー・バトン被告が性的虐待で起訴された/Pat Greenhouse/The Boston Globe/Getty Images

(CNN) 米ボストン・バレエ団で人気を博した元バレリーナが、未成年を含む複数のダンサーを性的に虐待したとして夫とともに起訴されたことが30日までに分かった。連邦裁判所への訴状で明らかになった。

夫のミッチェル・テイラー・バトン被告は今夏すでに起訴されていたが、新たな訴状には元バレリーナで妻のダスティー・バトン被告の名も訴訟の対象として記された。

ボストン・バレエ団によると、ダスティー被告は2012年から17年まで同団のバレリーナを務めた。それ以降はインスタグラムで多くのフォロワーを獲得し、評判の高い国際的なワークショップの様子などを発信している。

今年7月、ネバダ州の連邦裁判所に提出された訴状は、夫のテイラー被告について「ダンス界で影響力を持つ自身の立場を悪用し、全国の若いダンサーを性的に虐待した」と述べていた。

テイラー被告は裁判所への文書で起訴内容を否定し、弁護士とともに訴訟の却下に向けて動いたが、先週改めて提出された訴状は同被告と妻のダスティー被告を虐待事件の被告として名指しする内容だった。

裁判文書によれば、性的虐待の被害を訴えているダンサーは少なくとも5人。一部はテイラー被告の元教え子で、時折ダスティー被告の指導を受けることもあった。虐待の主体はテイラー被告だったとしているが、ダスティー被告がそこに加わることもあったという。

最初の訴状でテイラー被告を訴えた原告の女性の1人は、13歳だった10年に同被告から2度わいせつな行為を受けたとしている。

両被告の弁護士はCNNの取材に答え、訴えの却下を求める立場に変わりはないと述べた。

ボストン・バレエ団は声明を出し、原告に名乗り出た女性への支持を表明したが、訴訟に関しての具体的なコメントは控えた。

★引用元
https://rosie.5ch.net/test/read.cgi/editorialplus/1632982149/

-悲報
-, ,

© 2022 痛いニュースフラッシュ Powered by AFFINGER5