悲報

【悲報】EUトップらプライベートジェット利用で―COP26

★記事によると

1: 痛いニュースフラッシュ 2021/11/07(日) 07:32:16.98 ID:kQrpz0WB9

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021110600383
2021年11月07日07時06分

https://www.jiji.com/news2/kiji_photos/202111/20211106at80S_p.jpg
国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)で演説する欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長=2日、英グラスゴー(EPA時事)

【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長が、二酸化炭素(CO2)排出量が問題視されるプライベートジェット(PJ)を多用していることが分かり、「偽善だ」と非難を浴びている。気候変動対策で世界の主導役を自負し、英国での国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)でも対応の緊急性を訴えていただけに、矛盾を印象付けた格好だ。
COP26では、他にも各国要人の多くが現地入りにPJを利用し、批判が渦巻いている。
英紙デーリー・テレグラフは2日、フォンデアライエン氏が過去34回の外遊のうち18回でエアタクシーと呼ばれるPJを使ったと報じた。電車や車で1時間ほどで到着する約50キロ先の都市や、ブリュッセルから高速鉄道が走るパリやロンドンへの移動に加え、COP26参加での利用が判明した。
PJは1人当たりのCO2排出量が旅客便の10倍、電車の50倍とも言われ、近年の需要拡大による温暖化促進が懸念されている。フォンデアライエン氏は1日のCOP26での演説で「温暖化抑制へ何でもするよう全ての人に求める」と力説したばかり。発言の説得力には疑問符が付き、「市民を侮辱している」(シンクタンク幹部)と、「二重基準」への反発も招いた。
欧州委員会の報道官は4日の会見で、PJ利用は「日程などの制約で他の手段が使えない時だけだ」と釈明。しかし、ドイツ紙ビルトによると、「変化を望むなら模範を示すべきだ」(独連邦議会の中道右派議員)などと、フォンデアライエン氏の母国でも非難が広がる。
COP26に飛来するPJは200機超とみられている。オンライン参加を選択したメキシコのロペスオブラドール大統領は「偽善はもうたくさんだ」と、会議の在り方自体に疑問を呈した。

★引用元
https://pug.5ch.net/test/read.cgi/editorialplus/1636237936/

2: 痛いニュースフラッシュ 2021/11/07(日) 07:35:26.64 ID:lGVKxBdM0
これにはオバマもニガ笑い

 

3: 痛いニュースフラッシュ 2021/11/07(日) 07:57:00.62 ID:ewSWGGCK0
こんなの言われるに決まっているのに。
当事者ほど地球温暖化人為説がウソだと判ってるのだろ。

 

-悲報
-, ,

© 2021 痛いニュースフラッシュ Powered by AFFINGER5