ピックアップ

【私財200億】稲盛和夫さん創設の京都賞「ノーベル賞の登竜門」

京都
1: 痛いニュースフラッシュ 2022/08/31(水) 01:20:27.80 ID:CAP_USER

亡くなった稲盛和夫・京セラ名誉会長は私財200億円を投じてつくった稲盛財団を通じて、科学や芸術の支援にも力を入れた。「人のため、世のために役立つことをなすことが、人間として最高の行為である」という自身の理念に基づき、1984年、優れた科学者や芸術家をたたえる「京都賞」を創設した。

受賞者には、山中伸弥・京都大教授(2010年受賞)や本庶佑(たすく)・同特別教授(16年受賞)のように、後にノーベル賞に選ばれる人も多く、京都賞は「ノーベル賞の登竜門」とも評される賞に育った。

山中さんはiPS細胞につながる研究をしていた04年、稲盛財団から100万円の研究助成を受けた。以前の取材には、「当時はまったく先が見えない時期だった。研究費もうれしかったが、それ以上に選んでもらったことが大きな自信につながった」と振り返っていた。助成金の贈呈式で、稲盛さんは研究者一人ひとりと握手を交わし「頑張ってください」と声をかけてくれたという。「この助成金が素晴らしい研究成果につながっていると確信している」と話していた。

https://www.asahi.com/articles/ASQ8Z5KC4NBNPLBJ002.html

引用元: https://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1661876427/

3: 痛いニュースフラッシュ 2022/08/31(水) 04:31:44.11 ID:KOnaiiiU

ノーベル賞自体が、たいしたことないからな、日本の場合は。

iPS細胞、実用化が遅すぎたのですでに安倍政権の菅が切り捨てた。

いったいどれだけ遅いのだ、日本の研究。

アメリカは、すでに歯の再生を金持ち層向けに実用化させている。

 

 

4: 痛いニュースフラッシュ 2022/08/31(水) 04:35:30.14 ID:KOnaiiiU

日本のノーベル賞は、寄付金額の多い日本へは
順番が回って来るのでそのへんで目立ってるのを
(なぜか今でも目立っている)あてはめているだけだ。

ノーベル賞がすごいわけでない。

遅すぎるので安倍と菅がすでに切り捨てた。

小保方と同じで日本の恥。
恥辱まみれの日本の研究。
こんなことにカネを使うな。

 

 

5: 痛いニュースフラッシュ 2022/08/31(水) 04:37:09.11 ID:KOnaiiiU

大阪万博に、遅すぎるものを、世界初だなどといって出展するな。

歯の再生など、アメリカはすでに金持ち層向けに実用化を終えている。

 

 

-ピックアップ
-, ,

© 2022 痛いニュースフラッシュ Powered by AFFINGER5