悲報

うどん甚兵衛=1周年記念で大盛無料!=読者限定、10日に実施

★記事によると

1: 痛いニュースフラッシュ 2022/06/07(火) 07:14:53.07 ID:CAP_USER

https://www.brasilnippou.com/wp-content/uploads/2022/06/WhatsApp-Image-2022-05-29-at-8.26.02-AM-1.jpeg
『うどん甚兵衛』オーナーの長谷川藍さん

サンパウロ市リベルダーデ区の讃岐うどん専門店『うどん甚兵衛』(Rua Thomaz Gonzaga, 51)が、6月10日に開業1周年を迎える。「お陰様の毎日で、瞬きしたら一年が過ぎていました」と、ほっと一息つくオーナーの長谷川藍さん(37歳、大阪府出身)。この度「心ばかりを皆様に」と10日限定で注文時にポルトガル語で「ブラジル日報の記事を読みました(Eu vi um artigo no Brasil NIPPOU)」と伝えれば、全うどんメニューを無料で大盛りにする記念サービスを実施する。

「週末には開店前から並んでくださるお客様もおり、感謝の一言です。肌寒い日には早朝営業したいくらい」と話す長谷川さん。店を訪れる日系の客からは「店まで来るのが難しい高齢の両親にも、ぜひこの日本の味を食べさせたい」と持ち帰りや宅配サービスの実施を求められることもあり、現在準備を進めているという。

今年に入って、客の期待に応えるべく新メニューも続々と追加した。うどんと組み合わせられるサイドメニューもミニ丼やから揚げ、天ぷら、巻きずし、おにぎりと豊富。丼物も6種(かつ丼、角煮丼、肉丼、天丼、親子丼、かき揚げ丼)あり、本格カツカレーもうどんと並ぶ人気メニューだという。

来店するのは日本人、日系人だけではない。『うどん甚兵衛』では、店頭でうどんを手打ちする様子が見られる様になっており、訪れた伯人客らは料理の写真とあわせて、ネット上に写真を投稿し、拡散。その評判を受けて幅広い客層の伯人が同店を訪れている。

この1年、試行錯誤の連続で『うどん甚平衛』のスタイルを形成してきたという長谷川さん。「ブラジル人のお客様は、『また来るで!』というような関西ノリで、たくさん愉しい言葉をかけてくれます。その繰り返しがいつも新鮮で、大変な時も乗り越えられてきました」と1年を振り返った。

https://www.brasilnippou.com/wp-content/uploads/2022/06/WhatsApp-Image-2022-05-29-at-8.33.06-AM.jpeg

https://www.brasilnippou.com/2022/220607-22colonia.html

引用元: https://pug.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1654553693/

-悲報
-, ,

© 2022 痛いニュースフラッシュ Powered by AFFINGER5