ピックアップ

リンゴ農園は月面と同じ? 宇宙の技術応用、ロボットで収穫お手伝い

1: 痛いニュースフラッシュ 2022/10/18(火) 01:05:50.89 ID:iCrI5MSi

 月面探査車の研究で培った技術を生かし、東北大学発のベンチャー企業が、農業用自動運搬ロボットの開発を進めている。来年度の実用化をめざしており、完成すれば、収穫作業をする人を追いかけ、ボタンを押せば選果場まで運ぶようになり、高齢化と人手不足に悩む農家の「救いの手」になりそうだ。

収穫したばかりのリンゴを荷台に載せた四輪の運搬ロボットが、ぬかるんだ農園内を人が歩く速度に合わせ、ゆっくりと走る。

ロボットは人工知能(AI)とカメラを搭載。走行すると、障害物や路面の起伏を認識しながら地図を作製し、次からは障害物を避けてスムーズに走行できるようになる。バッテリーは一度の充電で約6~8時間もち、荷台には最大約80キロ積載できる。

実証実験が行われたのは9月下旬、青森県弘前市の「小栗山農園」で、この日は、自動走行の前段階としてコントローラーで遠隔操作された2台の試作機が、約5キロのリンゴを載せ、車体のバランスや安全性を確かめた。

ロボットの開発を進めているのは、仙台市青葉区に本社を置く「輝翠(きすい)TECH」。東北大の「宇宙ロボット研究室」で、月面探査車(ローバー)などの研究をしていたイスラエル出身のタミル・ブルームさん(28)が代表を務める。

https://www.asahi.com/articles/ASQB46TX2Q9ZULUC00D.html

引用元: https://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1666022750/

2: 痛いニュースフラッシュ 2022/10/18(火) 04:35:59.94 ID:AIEtxWzE

壺も倉刂価も力ル卜は政治に関わらせるなよ🤤

https://i.imgur.com/rZS1npM.jpg
https://i.imgur.com/PaCTAfb.jpg

 

3: 痛いニュースフラッシュ 2022/10/18(火) 06:25:24.82 ID:Q+TTmbJr
農業の無人化へ一歩前進?

 

-ピックアップ
-, ,

© 2022 痛いニュースフラッシュ Powered by AFFINGER5