ピックアップ

月面着陸の先へ“探査拠点”の作成も視野『アルテミス計画』

池
1: 痛いニュースフラッシュ 2022/08/30(火) 06:51:27.91 ID:CAP_USER

アポロ計画以来の月面着陸を目指す『アルテミス計画』の第1弾、新型ロケットの打ち上げが日本時間29日午後9時半過ぎに予定されていましたが、エンジントラブルなどにより、延期となりました。

アルテミス計画のフェーズ1の目的は、4~6週間かけて、月をぐるりと周ってから地球に帰還すること。成功すれば、再来年のフェーズ2で同じルートの有人飛行へ。そして最終フェーズで、50年ぶりとなる月面到達を目指すことになります。

遡ること半世紀、アポロ計画で初めて月面に降り立った人類。宇宙という未知なる存在に
初めてその足跡を刻み付けた瞬間でした。

3年間で有人の月面到達は6度。これは、遠隔通信や電子工学、コンピューターの発展など、多岐にわたる分野でブレークスルーを起こし、現代社会の礎を築くことにもつながりました。

あれから50年。人類は再び月を目指すことを決意しました。その意思は太陽神アポロの双子の妹、月の女神『アルテミス』に引き継がれる形で。

NASA、ネルソン長官:「私たちは種は探検家であり冒険家です。これが私たち人類の宿命なのです」

NASA探査開発部ディレクター、ブリーチャー氏:「このロケットは宇宙の探査・科学の歴史に新たなページを書き加えます。さあ、シートベルトを締めて、月に行くぞ」

見据える先にあるものは、50年前とは違います。月面へのタッチダウンが目的だったアポロ計画に対し、アルテミス計画のゴールは、探査のための拠点を月面に作ること。周回軌道上には中継基地も作る予定です。いわば“月の上空”に浮かぶ宇宙ステーションです。地下に氷が眠ると言われている南極近くには、着陸地点の候補も選定されています。

※続きは元ソースで

Yahoo!Japan/テレ朝NEWS 8/29(月) 23:30配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/7d146e8844d763c000c9a9d43598c51d9f78c8c6

引用元: https://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1661809887/

-ピックアップ
-, ,

© 2022 痛いニュースフラッシュ Powered by AFFINGER5