ピックアップ

「クソどうでもいい仕事」を楽しい仕事に変えるたった一つのコツとは

★記事によると

1: 痛いニュースフラッシュ 2022/05/07(土) 18:34:00.11 ID:CAP_USER

つまらない仕事ばかり振られて気分が乗らないときはどうしたらいいのか。
ひろゆき氏は「もしあなたに、大谷翔平選手のような突出した才能がないのなら、
『楽しい仕事』幻想は捨てましょう。ただし、たとえダルい作業や
『クソどうでもいい仕事』でも、自分しだいで楽しむコツはある」という――。

つまらない仕事も楽しめる「ゲーム化」のテクニック

僕は基本的に「問題」が好きなので、仕事のトラブルであれ社会問題であれ、
「さて、どうやって解決しようかな」とテンションが上がってしまう性格です。
でも、ふつうはトラブル処理というと気が重くなる人のほうが多いでしょう。

じつは、そうした面倒な仕事やトラブル処理を楽しむには、ちょっとしたコツがあるんです。

それは、「ゲーム化する」ことです。

自分が不得意な作業をしなければいけないときには、「これをクリアできたら
1ポイント」というように、ルールを決めて、スコアを上げるゲームにして
しまうのです。

僕もバイト時代に、この「ゲーム化」をよくやりました。惣菜売り場で
バイトをしていたときに、発泡スチロールに入れた惣菜にラップをかける
という仕事があったんです。いわゆる“ダルい”作業ですよね。

でも、じつは僕は、作業をいかに速く処理するかに楽しみを見出すのは、
けっこう好きなんです。なので、そのときも、シワ一つなく、綺麗にラップを
かける作業を素早くするにはどうしたらいいかを考えました。

持ち方や重量バランスを毎回少しずつ調整したり、使うラップをできるだけ
少なくする方法とかを試すうちに、最初のラップを持つときの指先が重要
なんだとわかったり。細かなテクニックを磨いて、いろいろな条件を少し
ずつクリアしていくのを続けていくと、いつのまにか作業自体が楽しく
なっていきました。

一つひとつの目標をゲーム化できると、イヤなことでも、けっこうこなせたりするんです。

引用元: https://pug.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1651916040/

3: 痛いニュースフラッシュ 2022/05/07(土) 18:39:42.55 ID:wRkWOMJd

>>1
>蓮舫氏「アベノマスク配布に500億円ですよ。払うのは皆さんの税金です。
>こういう愚策は2度とやってはいけない。」

うむ、どうかな?
オレは捨てたけど・・・2枚とも小さすぎて

 

6: 痛いニュースフラッシュ 2022/05/07(土) 18:43:01.17 ID:wRkWOMJd

>>1
>ゼレンスキー大統領 クリミア奪還の方針
>…米欧からの武器そろう6月中旬以降に反転攻勢

うむ、どうかな?
「ウクライナの非ナチ化」で傷口をどんどん広げて墓穴を掘る中華饅頭ハゲ頭

 

2: 痛いニュースフラッシュ 2022/05/07(土) 18:36:13.38 ID:o9/DFSXH
ハゲ

 

4: 痛いニュースフラッシュ 2022/05/07(土) 18:39:45.61 ID:CAP_USER

営業の仕事でも、取引先やお客に頭を下げるのはイヤなものですが、成績表を
見て「今月こんなに契約とったんだ」「同僚よりも上じゃん」となると
満足感や優越感を味わえたりしますよね。たいていの人はミッションを
達成できると楽しいと感じるものなので。

仕事全体をゲームとして楽しむのでもいいですし、一部の作業のスコア
アップを楽しむのでもいいので、自分が楽しめるポイントを見つけるのが
ゲーム化するコツです。

マイルールは「会議で必ず笑いをとる」

このゲーム化は、決められた作業以外でも使えます。

僕はかつて、取引先などとの会議に参加するときは、「必ず1回、笑いをとる」
というルールを自分で決めていました。

基本的に会議は煩わずらわしいものですが、自分の中で「笑いをとる」
というミッションを課すと、「今日はどうやって笑いをとろう」「どこで
ボケようかな」とワクワクしながら臨めるようになります。

笑いをとるためには、相手のキャラクターを理解しないといけないので、
相手の話をちゃんと聞くようになるというメリットもあります。

このように、ゲームの要素や仕組みをビジネスや勉強に取り入れることで、
楽しみながらモチベーションや効率を上げる手法は「ゲーミフィケーション」と
呼ばれています。ビジネスなどでも用いられている手法なのですが、目標は
別に難しいものにする必要はありません。

たとえば、「打ち合わせ後に誰よりも早く礼状メールを送る」という目標でも
いいんです。単にタイムアタック競技としてやるのもいいですし、続けることで
「こいつ、がんばってるな」と気にかけてくれる人もあらわれるかもしれません。

じつは、このゲーム化というのは、子どもの頃によくやっていた、「今日は
道路の白線しか通ってはいけない」といった遊びと同じなんです。日常の中に
あることをゲーム化するというのは、じつは誰もがやっていることなんですよね。

もちろん、本来であれば仕事自体で結果を出すのが理想でしょう。でも、
モチベーションが上がらない仕事であれば、自分が楽しめる要素を見つけて
ゲーム化するのは、誰でも使えるテクニックなんです。

ゲーム化することでストレスを減らせる効果もあるので、クソどうでもいい
仕事を振られたときには、ぜひ試してみてください。

 

5: 痛いニュースフラッシュ 2022/05/07(土) 18:42:01.02 ID:r2DRTQgI
こいつマトモに仕事したことあったっけ?

 

7: 痛いニュースフラッシュ 2022/05/07(土) 18:44:16.80 ID:7rHVGnJO
メランコリーなシン論破王の下積み回顧録
こんなの、どこに需要があるんだ?

 

8: 痛いニュースフラッシュ 2022/05/07(土) 18:52:53.94 ID:5tLU3Lyy
役所に行くと、ひたすら書類にハンコ押してるオバちゃんがいるんだけど、よう精神が崩壊しないなぁと思う

 

9: 痛いニュースフラッシュ 2022/05/07(土) 18:59:23.09 ID:/PHpR0vK

日本はウクライナ問題よりも中国を警戒した方が良いと思う

与党内に中国追従を公言してる宗教政党もいるしね🤤

https://i.imgur.com/9Vk8xz0.png
https://i.imgur.com/F9R5bVk.png

 

10: 痛いニュースフラッシュ 2022/05/07(土) 19:02:39.06 ID:/zQFJHP/
共感はできる

 

11: 痛いニュースフラッシュ 2022/05/07(土) 19:13:21.85 ID:CAP_USER

「切り替えスイッチ」を自分の中に持つ

ユーチューブなどでも、よく「いまの仕事が好きになれない」といった相談を
受けたりします。そういう質問をする人は、前提が間違っているんですよね。
まずは、そもそも「楽しい仕事なんてない」という大前提を受け入れること
から始めたほうがいいと思います。

この前提を間違えている人が多いんですよね。

メジャーリーグで活躍している大谷翔平選手のように、好きなことをやり続けて、
才能があるからそのままプロになりましたという人は、レアケースです。
社会全体から見たら、大好きなことで飯が食える人はごく少数の恵まれた
人たちで、それ以外の人にとって仕事がイヤというのは当然でしょう。

基本的に会社がお金を払って人を雇うのは、イヤなことでもやってくれる
からです。つまり、人がやりたがらないことをやる代わりに、お金をもらっているわけです。
なので、仕事は基本的にイヤなものという大前提のうえで、
どうせイヤなことをやるなら楽しくやったほうがいいよね、と
考えられるかどうかなんですよね。

こうしたイヤなことを楽しむ方法が、先ほどの「ゲーム化」です。

僕も学生時代には、先ほどの惣菜売り場以外にも、たくさんのバイトを
経験しました。いろいろなバイトをした中で、僕の場合、できる限り
サボってお金もらうパターンと、どうせやるなら楽しくやったほうがいいよね
というパターンと、2パターンありました。「楽しくやろう」というスイッチが
入ったバイトはけっこう成績もよかったです。スイッチが入らないときは
本当にクソバイトでしたが……。

なので、オン/オフが切り替えられるスイッチを自分の中に持っておくと、
イヤな仕事でも苦にならないようになるでしょう。

同じように、「この仕事は自分に向いていない」と嘆く人も多いのですが、
この考え方もやめたほうがいいです。

「自分には向いてない」と思い込んでしまうと、失敗したりイヤなことが
あったときに、「だってオレ、この仕事向いてないし……」という負の
感情が増幅されるだけですからね。

基本的にどの仕事も、やってみたらそれなりにおもしろいし、それなりに
つまらないんです。なので、仕事は好き嫌いで選ばないほうがいいです。

日本人の恋愛結婚の離婚率は約30%ですが、お見合い結婚の離婚率は約10%
なんです。お見合い結婚の場合、「そんなに好きじゃないけど、この条件
だったら我慢できるよね」などと、イヤなことがあったときに自分の中で
妥協できる理由が多いのだと思います。

仕事でも同じことが言えるでしょう。

「これは自分に向いている」とか「この仕事、すごく好き」という理由で
選ぶと、それがある日イヤになったときに、「なんでこんな仕事やって
るんだろう」となってしまうんですよね。

それよりも、「職場が近い」「給料がいい」といった妥協できる条件を
決めて選んだ仕事のほうが、たとえイヤなことがあっても「給料がいいから
この仕事に決めたんだよね」と我慢できたりします。

なので、好きや向いているという理由で選ぶよりは、「こういう待遇がある
ならトクだよね」とか「これはそんなにイヤじゃない」といった条件が
いくつかある仕事のほうが、長期的に続けられると思います。

もちろん、仕事と給料を比較して、「こんなに大変な仕事なのに給料が
少ない」と思うのであれば、ムリして続ける必要はありません。さっさと
別の職場や仕事を探したほうがいいでしょう。
https://president.jp/articles/-/57223

 

12: 痛いニュースフラッシュ 2022/05/07(土) 19:30:40.21 ID:99qBjaU1
お前ら洗脳されすぎ

 

13: 痛いニュースフラッシュ 2022/05/07(土) 19:47:33.32 ID:gXx4shFt
ただの仕事熱心w

 

14: 痛いニュースフラッシュ 2022/05/07(土) 20:27:48.03 ID:l+nWNvDn
いや、オレはそういうノルマみたいなのが嫌いだから
仕事が嫌なんだよ

 

-ピックアップ
-, ,

© 2022 痛いニュースフラッシュ Powered by AFFINGER5